お知らせ

News

季澄香のお料理は革新的な懐石創作料理を目指す!

宿泊者専用「わざわざ食べにきたい」
そんなお料理

中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香では、1泊2食付きのお料理に「懐石創作日本料理」をご提供しています。

料理長である勝又健太郎は、東京にある有名懐石料理店から、その経歴をスタートし、会員制ホテルや、都心の高級ホテルの日本料理店などで腕を振るってきました。途中自ら日本料理の枠を超えたお料理にも挑戦し、駒ヶ根に来る前はアメリカ、ニューヨークで管理的な仕事も行ってきた多彩な経験を持っている。

新たに就任した杜の隠れ宿季澄香(トキスミカ)の料理は、料理長が毎日、その時の食材を考えながら、作り上げていく。

テーマとしているのが「花」であり、一皿一皿には「花」をあしらい、華やかな演出を施します。

そしてなにより味は、日本料理の基本を捉えた、安心感のある味わいと、その革新的な見た目で、見た目と味わいで楽しませてくます。