お知らせ

News

季澄香の庭園に咲く山葵(ワサビ)の花

季澄香(トキスミカ)の庭園に咲く山葵の花。
庭園とそれに続く山の斜面には、中央アルプスの雪解け水を源流とする美しい湧き水が流れ、たくさんの山葵が自生しています。
山葵の栽培には、冷涼な気候や水温、そして常にきれいな水が流れる浅瀬が必要であると言われますが、そのいずれをも季澄香がある土地は満たしています。

瑞々しい若葉に囲まれて、小さく可憐で、謙虚な佇まいが魅力のワサビの花。
ワサビの花言葉は「目覚め」、「うれし涙」です。

山葵の茎や花は、おひたしや醤油漬け、天ぷらなど、とても美味しく頂ける春の山菜のひとつ。
花にも茎にも山葵と同じ辛さが含まれ、季澄香のお料理にも時々登場します。

山葵は、この季節だけの貴重な旬の味覚であると同時に、駒ヶ根高原に本格的な春の到来を告げてくれます。
花の見頃は3月下旬から4月の下旬。

(スタッフ・三澤)

○ 季澄香 一周年記念特別プラン

季澄香(トキスミカ)が誕生して、4月28日で一年になります。
一周年を記念して、 感謝の気持ちをこめた特別宿泊プランを期間限定、一日三室限定でご提供いたします。

【...続きを読む】